Tooth Extraction

抜歯とは下記のいずれかの理由で歯を顎骨から抜き出す。

  • 虫歯がひどくなる。或いは汚染がはやる。
  • 他の生える歯を邪魔する。
  • ひどい歯周病で周りの膜や骨を悪化する。
  • インプラントのために抜く
  • 顎骨の関節で残る歯。
  • 歯がひび割れて修復ができない。
  • 口腔に出られない歯。
  • 頭や首あたりに光線かけられて、その歯を抜かなければならなくなる。


抜歯の種類

通常の抜歯と手術連携の抜歯

通常の抜歯は局所麻酔してから道具で歯周を解剖してダメの歯は浮かんでくる。先生はペンチを使って力をコントロールして歯を揺れて窩から取り出す。

手術連携の抜歯は歯を簡易に抜けない場合に使う。例え歯茎の中で折れた。或いは口腔に十分出られない状態。抜歯の原則は歯茎を空けて歯を抜き出す。時には周りの骨を一部削って歯を取り出す。多くの場合は歯を分割して小片にして外す。このとき必要に応じて局所麻酔か全身麻酔かをかける。


Post-extraction healing

Following extraction of a tooth, a blood clot forms in the socket, usually within an hour. Bleeding is common in this first hour, but its likelihood decreases quickly as time passes, and is unusual after 24 hours. The raw open wound overlying the dental socket takes about 1 week to heal. Thereafter, the socket will gradually fill in with soft gum tissue over a period of about one to two months. Final closure of the socket with bony remodeling can take six months or more.

 

1. After a tooth extraction,blood will fill the socket forming clot.

2. This is gradually covered by gum as healing progresses.

3. Looking closely into the socket, blood clot that fills the socket gradually turns into the granulation and eventually bone.

 

TOP